マイ・ブーム その2 ・・・・今 チベットの歌手に 嵌っています。

    

 この 四月半ばだったと思いますが NHKラジオで 何か会話が聞こえてきました。

ふと 手を休めて聞いてしまいましたが、 なかなか話の内容も 愉快で おもしろそうな人。

なんでも  彼女は 日本に来た ただひとりの チベット歌手だそうな。

その人は  バイマーヤンジンさん! チベット語で 「蓮の花に乗った音楽の神様」という意味らしい。

何千倍もの競争に勝って 中国国立四川音楽大学で学び その後は中国各地での

コンサートに出演。1999年には ニューヨークの国連本部ででもコンサートをされたとか。

CDの売上金などは 故郷に学校を作る為に 全額 寄付とのこと。 スゴイ スゴイ・・・!

会話がまた ユーモアたっぷりで実に楽しかった。 

まだまだ チベットのことは よく知られていない! と 非常に残念がっておられました。

たとえば

お相撲の アサショウリュウが 優勝した時などバンバ 「おめでとー」と電話が入り困惑したそう。

「アサショウリュウは モンゴルでしょう!私は チベットです!」

日本の人、みんな もっと もっとチベットを知って下さい!!!! と 一生懸命。

チベットの文化・習慣を わたしに興味を持たせてくれた楽しい時間でした。

  彼女は コンサートだけじゃなく 文化をも 知ってもらいたくて 各地で講演を されてるとのことです。

わたし チベットのことを何も知らなかった・・・・・・、 文化の違いにも 今更ながら驚いた。

 魚を食べたら 天国に行けなくなる、、、という宗教的な教えがあるそうです。  なぜなら 

チベットでは 死んだら 遺体は川に流すそうです。ですから 魚は食べない。

でも 日本に来てからは 

よい人間関係を作っていく為に 食べることにしたそうです。 とっても強い方ですねー、見上げたものです。

 また 日本人は 命を粗末にしている、、、、自分だけの命ではない事に気づいて欲しい、、、とも。

そして 日本は 物がありすぎて驚いた、、、、、。   そうでしょうね〜 

知らぬ間に 私たち 贅沢になっていますもの、反省 反省です。

その後 彼女の歌う曲が流れてきた。。。   初めて聴いた。

 ステキな旋律に 何とも言えず 感動!

ただただ 美しい声と 果てしなく出てくる声量に 心底 圧倒されてしまった・・・・・!

そして CD「チベットのこころ」を手に入れた。

チベット民謡が 集められている このCD, 望郷の念、両親への感謝などを 歌っているもので

どれも これも・・・・・とにかく 心で 歌い上げている。

 行ったことのない チベットの風景、澄み切った青空、見渡す限りの草原が 見えてくるから 不思議。 

チベット音楽もステキだけど

わたくし この バイマーヤンジンさんに とっても 興味を持ってしまいました。

今後も  ぜひ  ぜひ 注目していきたいと思っています・・・・・・

あなたも 一度 聴いてみてくださいね